スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出自蔡國強:《撞墻》

19270_271722696089_650616089_3975250_8211716_n.jpg

「人類容易過度盲從於一種集體觀念和行動,並且有著不可思議重複錯誤的命運。」

在現場看更有那個fu。相較於展場參觀動向的前一個作品,《草船借箭》,它比較有點自婊的意味。

現場看,會感到有點悲壯驚悚,同時又覺得「是我的話才不會那麼做呢」。去美術館的人是預設在觀眾席,是旁觀者,自然是旁觀者清,把意識形態當藝術品在研究看待(就如同我跟當時身旁的友人所做的)。人對於自我重複犯錯這種行為,是否感到一種自哀自怨式的自我感覺良好呢?強叔究竟是在提倡這種行為還是諷刺來著呢。

不管怎麼樣,我只是在老姊的臉書頁面上看到,又覺得這作品真的蠻震撼的,僅此紀錄而已! ̄▽ ̄
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

risu

Author:risu

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
管理者專用
最近のエントリ
ユーザータグ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
咪基部屋
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。